• ソード・オブ・エンバー NFTの土地売却コミュニティが2億300万ドルの誓約をする

  • Bright Star StudiosのSword of Emberは、コミュニティに土地を提供しており、誓約によって2億300万ドルに達しています。

    MMORPG(多人数同時参加型オンラインロールプレイングゲーム)「Sword of Ember」の土地売却は、これまでに2件目となります。まだ発売もされておらず、来年になってもアルファテストが行われない見込みのゲームの販売に、コミュニティから14,000人の応募者が参加しました。

    Bright Star StudiosとSword of EmberのCEOであるMark Laursen氏は次のように述べています。

    「私たちは、ユニークで取引可能なNFTアイテムの作成など、ゲーム内での活動を通じてプレイヤーが報酬やお金を得られるような、プレイヤー主導の経済を発展させるべく努力しています。今回の土地売却の大成功は、ゲームコミュニティが我々のミッションに対して興奮を与えてくれたことの証です」。

    ソード・オブ・エンバー」の仮想空間内で販売されているのは、「ソーラーウッド」と呼ばれるタナバスの4つの国のうちの1つです。これらの区画は、さらにプロット、セトルメント、タウン、シティに細分化されています。

    区画の所有者は、その区画がある不動産が生み出す収入の一定割合を受け取ることができます。この収入は、ゲーム内の通貨ではありません。

    土地を所有することのメリットについて、ラウセンは次のように付け加えています。

    「Sword of Ember』で土地を所有することにより、プレイヤーはゲーム世界での取引手数料やその他のゲーム内サービスを共有することができ、Etherを使ってゲーム経済の民主化を通じてコミュニティメンバーに力を与えることができます。これは、プレイヤーとアーティストに力を与える新しいマネタイズモデルと方法の氷山の一角だと考えています。

    バーチャルランドの購入は、1893年にピストル一発の合図でチェロキーの土地に入植者が殺到した狂乱のような土地の抵当権設定と考えられる。

    さまざまな暗号通貨の仮想世界では、人々は土地の区画に莫大な価格を支払っています。実際に成功しているブロックチェーンゲームは非常に少ないので、未来を想像してみてください。このスペースは非常に初期の段階にあり、最も持続可能でエキサイティングな環境を作り出すことができるゲームが繁栄するでしょう。

    What's your reaction?
    Happy0
    Lol0
    Wow0
    Wtf0
    Sad0
    Angry0
    Rip0